1. 無料アクセス解析

2008年10月22日

TS-808(3)

ts808(1).JPGbluesbreaker(1).JPG
いやー、クリヤー塗装もしっかり乾いたよ。
ラッピング塗装は仕上がるまでどんなんになるか分からんからね。
今回はイメージしていたより良い仕上がりで大満足!
しかしここからが大変だ。

ts808(2).JPGbluesbreaker(2).JPG
基板のレイアウトをもっとコンパクトにしたかったが、
時間の余裕がない為に断念!
けっこうキツキツですが、妥協しました・・・

ON-ONスイッチのコストをケチったが為に
ケース内に余裕があーりません。
まぁしかし、こんなもんでしょう。

ちゅーわけで、ソケットや抵抗を乗っけていきます。
kiban(2).JPG
こんな感じ。
ユニバーサル基板はハンダ付けが大変ダーよ。
結構神経使うから疲れたー。

だけど今日はガンバッター。
TS−808を一気に仕上げたよーん。
下の写真、左が部品組み付け前、真ん中が組み付け後。
ts808(3).JPGts808(4).JPG

そして、内部配線も根性いれて出っ来上がりー♪
ts808(5).JPGts808(6).JPG

うっきうきで、アンプとギターを用意して音だし・・・。
あれ・・・あれれ・・・・????

音でねーよー。

回路図と配線とにらめっこ。
テスターでチェックチェック チェーックゥ!
どこもおかしくないよー。

テンション 下がるー〜〜。  ふ〜ぅ。  だる。

もう寝ます。明日、原因を突き止めようかと思います。


〈参考書籍〉

誰でも作れるギター・エフェクター―Guitar magazine (リットーミュージック・ムック)
誰でも作れるギター・エフェクター―ギター・マガジン (2) (リットーミュージック・ムック)


posted by キング・トミー at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。